男女

社内での情報共有はツールの活用が便利|連携に役立つシステム選ぶ

ヒューマンリソース

IT

EAPで社員のストレス対策を

EAP(Employee Assintance Program)、日本語に訳すと従業員支援ツールとはアメリカで誕生したヒューマンリソース戦略のひとつです。メンタルヘルスを通して、社内または個人の問題を抱える従業員を支援するプログラムと定義されています。 アメリカではアルコール依存、薬物依存が深刻化したことに対応するために作られましたが、日本においても職場の人間関係などの問題に対応するコストをリスクマネジメントとして考え、EAPの導入が必要とされています。 社員のメンタルヘルスケア推進に力を入れている企業の中にはメンタルヘルマネジメント検定を利用して、管理者にはラインケア、それ以外の一般社員にはセルフケアの取得を義務付けています。

外部機関を適切に利用する

EAPは社員に対する教育研修・情報共有だけでなく事業場外の専門機関の支援を受けることも有効です。事業場外資源としては、メンタルヘルス不調が起こった時に実際に治療に当たる専門医ももちろんですが、外部EAPプロバイダという専門業者を利用することで職場全体の健康増進を図ることができます。 特に職場内の人間関係が原因となっている場合、なかなか企業内の人間では解決が難しいものです。外部EAPを利用し、まずはアンケート調査やエゴグラムによる交流分析で、部署ごとの問題の有無を確認しましょう。メンタルヘルス不調の原因は人間関係や長時間労働など多岐にわたります。問題が発生している部門を見つけ、適切に対処するには社内分析や情報共有ツールが不可欠です。外部EAPを上手に利用することで社員のメンタルヘルスマネジメントに役立てましょう。

内容について

社員

工数管理を行なうことによって、手軽に進捗を出すことができます。それだけではなく、工数管理をしていないと様々なトラブルに巻き込まれてしまうこともあるので、どんなに忙しい場合でもしっかり行なうようにしましょう。

Read More

労働者と企業のルール

電卓を使う人

就業規則は、労働時間、給料、休憩時間、休日など様々な事について記載されています。就業規則に目を通しておくことはとても大切です。規則について理解していないと、労働者が不利になる可能性があるからです。

Read More

監査法人の仕事

システム

営利と公益のためにある、さまざまな組織。その内情をハッキリとした数字に書き起こし、社会が広くそれを目にすることが出来るようにする。それが、監査法人の仕事。多くの組織が利用している監査についてまとめる。

Read More